食べ物で抜け毛予防

食べ物で抜け毛を防止?

普段の食生活から出来る簡単な予防対策とは

食べ物で抜け毛を防止?

抜け毛には、食べ物が影響していることはご存知ですか?抜け毛予防においては、食生活も大切な見直すべき習慣の一つです。この記事では、食生活で気をつけるべきことについてお伝えします

  • ※このサイトは、ヘアメディカル関連クリニックの院長の監修のもと運営しています。
    ヘアメディカル関連クリニックは、発毛専門の医療機関で210万人の患者様と向き合ってきた実績があります。
  • ※210万人:1999年~2018年のヘアメディカル関連クリニックの延べ患者数

食べ物で抜け毛を防止?普段の食生活からできる簡単な予防対策とは

野菜を食べている女性の写真

食べ物は抜け毛に大きな関わりを持っているといわれています。
頭皮の状態や薄毛を改善し育毛を進めていくためには、髪の栄養を考えた食事が重要です。

まずは日々摂取する食材を見直すことが大切です。

あなたの髪の悩みはどれ?

「おでこの広がりはAGA?」
「市販の育毛剤、発毛剤は効くの?」
ヘアメディカル関連クリニックの、
専門の医師が髪の悩みに対し、
正しい知識をお伝えします。

食べ物が抜け毛に影響する?

発毛および育毛のために、育毛剤等を使った対策をとっている方は多いことでしょう。

しかし、最も身近な薄毛対策は、食生活の見直しです。薄毛が進行してきたと感じる方、 薄毛予防を考えている方は、まずは食生活の改善からはじめてみるのがおすすめです。

髪に良くない食べ物

はじめに、髪の毛に良くない影響をもたらす食品を見ていきましょう。

育毛効果を阻害するような食べ物を減らし、栄養素のバランスの優れた食事を3食摂ることで、髪の毛が正常に生えてくる可能性を高めるといわれています。

油っこい食べ物

ジャンクフードの写真

人の髪によくないといわれる食べ物の代表格は、脂っこすぎる食べ物です。

脂肪分や脂分が多い食べ物は、体の血流を悪くし、皮脂が毛穴をふさいで薄毛に繋がります。

油っこい食べ物の代表は、「スナック菓子」「揚げ物」です。
昨今はこれらの食べ物を手軽に摂取することができますが、薄毛対策をするにはなるべく避ける必要があります。

タンパク質は動物性脂肪があまり含まれていない大豆等から摂取していくと良いでしょう。

ジャンクフードや甘い食べ物

ジャンクフード・甘い食べ物や刺激物も薄毛を進行させる可能性もあります。

髪の毛が正常に成長するためには、体の状態も健康である必要があるといわれています。
ジャンクフードや甘いものを過剰摂取すると、腸内の細菌のバランスが崩れることにより、 肥満や心臓病・糖尿病などのリスクを高めます。
また、同じものばかり食べていると栄養も偏りがちになる可能性もあります。

体そのものが不健康になれば、内臓や血行が悪化して、髪の毛の成長も阻害されてしまうこともあります。

化学調味料を使った食べ物

薄毛対策には、化学調味料を控えることも大切です。

塩1つをとっても、天然の塩を使うことで、塩分を過剰摂取することを防ぐことができます。

こちらの記事をご覧の方へ

ヘアメディカルは悩みに応じて様々なコンテンツを掲載しています。

髪に良い栄養素と食べ物

体に良い食べ物の写真

続いて、髪の毛に良い食べ物とそれに含まれる栄養素について見ていきましょう。

髪の毛の大部分は、ケラチンというタンパク質によってできています。
栄養素の面から見た抜け毛の主な原因は、タンパク質や亜鉛の欠乏によるものとされています。

また、頭髪に栄養素を補給する毛細血管はコラーゲンでできています。 そして、コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせません。

これらの栄養素を中心に様々な栄養素をバランス良く摂取することが、薄毛改善に繋がるのです。

イソフラボンとカプサイシン

抜け毛を改善していくためには、イソフラボンとカプサイシンが有効です。

一般的に、男性ホルモンは抜け毛に繋がる作用を持ち、女性ホルモンは抜け毛を防ぐ作用があります。
大豆食品によく含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た作用を体にもたらすため、 積極的に摂取することで抜け毛改善が期待できます。

また、これに血行促進効果を持つと言われるカプサイシンを組み合わせて摂取していくことで、 髪の毛が成長しやすい環境を整えることができます。

亜鉛とビタミンB群

髪の毛の主要な成分であるケラチンは、食事により摂取されたタンパク質が体内で一度分解され、 その後に再合成されることで作られます。

その時、再合成に欠かすことができない栄養素が亜鉛です。 また、亜鉛は、抜け毛の原因となる酵素の働きを抑える作用もあります。

この亜鉛の働きをサポートしてくれるのがビタミンB群です。
亜鉛とビタミンB群はセットで摂取していくことで効果を高めます。

必須アミノ酸「メチオニン」

ケラチンの合成には18種類のアミノ酸が必要とされます。

その中で、メチオニンは体内で作ることができないため、食事から摂取する必要があります。

メチオニンを多く含んでいる食べ物が魚介類です。 魚を食べる習慣がない人は、これを機に意識的に魚を食べるようにしましょう。

髪に良い料理のレシピ

ここでは、髪の毛に良いレシピをご紹介したいと思います。
どれも簡単なレシピなので、ぜひ試してみてください。

豚肉とクレソンのボリュームサラダ

豚肉とクレソンのボリュームサラダの写真

脂っこい食べ物は薄毛を進行させる場合がありますが、豚肉も茹でて使用することで余計な脂を落とし、 発毛に必要なビタミンB1を効率的に摂取することができます。

また、クレソンやトマトとあえてサラダにすることで、野菜もしっかりと摂取することができます。

  • 1.酒を入れて沸騰させた水で豚肉を茹で、冷水にとります。
  • 2.ボールに、醤油、酢、砂糖、にんにく、オリーブオイルを合わせ、1と薄切りにした玉ねぎを加えて冷蔵庫で冷やします。
  • 3.食べる直前に2にトマトとクレソンをあえ、器に盛りましょう。 もずくを添えることでさらに髪の毛に嬉しいサラダになります。

あさりとわかめの炊き込みご飯

あさりとわかめの炊き込みご飯の写真

ワカメにはミネラルが豊富に含まれており、昔から髪の毛に良い食べ物とされています。
そのワカメを利用した、炊き込みご飯のレシピがこちらです。

  • 1.米は洗ってザルにあげ、あさりの水煮は身と汁に分けておきます。
  • 2.生わかめは食べやすい大きさに切り、しょうがは皮をむいて千切りにします。
  • 3.炊飯器に以下の分量で各調味料を入れ、2のしょうがの千切りを加えて炊きます。
  • 1カップ
    水とあさりの汁1カップ強
    だしの素小さじ1/2
    小さじ2
    しょうゆ大さじ1
    みりん小さじ2
    少々
  • 4.炊き上がったら、あさりの身と生わかめを加えて蒸らします。

さっぱりやっこ

さっぱりやっこの写真

脂っこい食べ物は薄毛を進行させる場合がありますが、豚肉も茹でて使用することで余計な脂を落とし、 発毛に必要なビタミンB1を効率的に摂取することができます。

また、クレソンやトマトとあえてサラダにすることで、野菜もしっかりと摂取することができます。

豆腐は良質なたんぱく質を摂取することができる食材です。

その豆腐にツナを加えた、満足度の高いおかずのレシピを紹介いたします。
食欲がないときにもつるりと食べられる一品です。

  • 1.わかめは水で戻します。生わかめを使ってもよいです。
  • 2.豆腐1丁は半分に切り、よく冷やします。
  • 3.食べやすい大きさに切ったわかめを少々の醤油であえます。ツナは油をきり、マヨネーズとショウガ汁であえます。
  • 4.半分に切った豆腐に、3のわかめとツナを乗せ、千切りにしたみょうがと大葉を乗せて完成です。 お好みで出汁醤油をかけてお召し上がりください。

こちらの記事をご覧の方へ

ヘアメディカルは悩みに応じて様々なコンテンツを掲載しています。

食生活とあわせて実践したい抜け毛対策

より髪の毛の成長促進を考えるのであれば、食生活と組み合わせた対策が必要です。
多方面から髪の毛の成長をサポートしていきましょう。

軽い運動

運動をしている女性の写真

ウォーキングなどの軽い運動であっても、体の代謝を高めることができます。
その結果、毛乳頭や毛母細胞の働きも活発化し、髪の毛の成長を促進する可能性もあります。

軽い運動は肥満の防止にもつながるため、ぜひとも日々の生活の中で取り入れていってください。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージをしている女性の写真

頭皮の血行を良くするためには、毎日の頭皮マッサージも欠かすことができません。

固く凝り固まっている頭皮は、健康な髪の成長をさまたげてしまう場合もあります。
頭皮環境を改善するためにも、マッサージを習慣化しましょう。

シャンプーの後、頭が濡れて温まった状態で指の腹を使い、頭全体を優しく揉みほぐしてあげると効果的です。

頭皮の血行が良くなり、発毛の地盤を作ることができます。

質の良い睡眠

睡眠をとっている女性の写真

食生活と並んで重要なのが、質の良い睡眠をとることです。

夜更かしの習慣がある人は、夜の10時から11時頃には眠るようにして、頭皮の細胞が成長しやすい環境を整えてあげてください。

ヘアメディカル関連クリニックは抜け毛改善に有効な生活習慣の指導も行っています!

ドクターの写真

食生活の見直しは髪の毛の成長を促進し、脱毛・薄毛を予防する効果があります。

ジャンクフードなど栄養の偏りを避け、緑黄色野菜や良質なタンパク質の摂取を心掛けてください。
また、ビタミンCに代表されるビタミン類、鉄分・ミネラルをしっかりと含む食事は育毛効果を高めます。
髪の毛に必要な成分をバランス良く摂取していくことで、結果として薄毛を改善することに繋がるのです。

ヘアメディカル関連クリニックの紹介する髪の専門の病院では、生活習慣の改善を通した抜け毛の治療も行っています。
ご自身の生活のどのような部分を見直せば抜け毛や薄毛改善に繋がるのか、 具体的な対策方法に悩まれている方は、無料カウンセリングでのご相談をおすすめします。

薄毛は体の中から改善していくことができるといわれています。

一人ひとりの希望に合った治療を行う専門の病院

脱毛症の原因は人それぞれです。
そのため、自分の脱毛症の原因に合った治療方法を見つけていきましょう。

髪の専門の病院では、診察による脱毛症の原因の特定からはじめ、それぞれに合った治療を行っています。
きちんとした検査をすることで、結果として最短の治療が期待できるのです。

抜け毛に不安を感じている方は、経験と実績が豊富な髪の専門の医師にご相談されることをおすすめします。

ヘアメディカル関連クリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

210万人以上の治療実績(※)を持つ専門の医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2018年のヘアメディカル関連クリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

まとめ

抜け毛が気になる方で、対策として発毛剤や育毛剤を使った対策をする方は多いと思います。しかし、最も身近な薄毛対策は、食生活の改善であることをお伝えしました。

髪の毛に良い影響をもたらすレシピも紹介していますので是非抜け毛や薄毛対策として参考にしてみてください。

なお、このサイトでは抜け毛の様々なお悩みに合わせてコンテンツをご用意しています。下記を参考に、症状の悪化を予防しましょう。

WEBサイト 関連ページ

プロフィール

まずは自分の状態を知りたい方

1問でも当てはまると危険かも?まずは自己診断しましょう。

錠剤

薄毛・AGAにお悩みで治療検討中の方

発毛専門の医療機関「ヘアメディカル関連クリニック」で、
医師と一緒に、薄毛の改善を目指しましょう。

疑問を持つ男性

治療はまだ早い…でも薄毛が気になってきた方

薄毛においては、同じ悩みや疑問を持つ方も多いので、まずは参考にご覧ください。

虫眼鏡

もっと抜け毛について
詳しく知りたい方

抜け毛が気になる方に、よく読まれる記事はこちらです。ただしい知識を身につけ予防しましょう。