発毛治療TOP > 抜け毛を防ぐ > 若年層の抜け毛の原因

抜け毛原因は?10代の男性や女性にも増えている薄毛の理由と対処法

抜け毛原因は?10代の男性や女性にも増えている薄毛の理由と対処法

抜け毛や薄毛といえば、ある程度年齢を重ねてからのもの、というイメージを持っている方も多いですが、最近では10代・20代の方の若年層にも薄毛に悩む方が多くなっているようです。

主に加齢が原因の抜け毛や薄毛が、若年層にも増えている理由とはなにか、その対処方法を解説します。
若い男女

10代の男性にも起きる脱毛症(抜け毛)

脱毛症には様々な原因があり、年齢にかかわらず発生する可能性がある症状です。

そもそも髪の毛はビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養素を使って頭皮にある毛母細胞によって作られます。

加齢によって毛母細胞の活性が悪くなったり、ケガや何らかの病気によって髪の生成が阻害される薄毛や抜け毛がありますが、 若年でも髪が正常に生成されなくなったり、何らかの理由によって抜け毛が増えてしまうことがあります。
悩んでいる男性
10代であっても抜け毛の量が急に増えたり、額の生え際や頭頂部が薄くなったという場合は、脱毛症の可能性があります。

抜け毛に悩む女性も増加傾向

若年性脱毛症は女性にも増加しており、専門機関に相談に訪れる方が増えています。

男性とは違い、女性の場合、生え際や頭頂部が薄くなるということはあまりなく、頭部全体が薄くなるケースが一般的です。

したがって、分け目が薄くなったり、全体的にボリュームがなくなった、また、 シャンプーの時の感覚が前と違うなどの変化を感じる方は、脱毛症の可能性があります。

男女で抜け毛の原因は違う?

抜け毛の原因は一つではなく、免疫異常や遺伝、ストレスなど様々な複合的要因が重なって起きることが多くあります。
また、性別によっても、抜け毛の原因が異なります。

男性の多くはAGA(男性型脱毛症)が原因

男性の抜け毛の多くは、「AGA(男性型脱毛症)」です。
抜け毛に悩んでいる方であれば、一度は耳にしたことがあるでしょう。

薄毛や抜け毛に悩む男性の実に4人に1人が、AGA=男性型脱毛症である(※参照元:AGA-newshttp://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml)といわれており、、抜け毛の原因として もっとも多い症状となっています。

AGAは、男性ホルモンである「テストステロン」と、「5α-リダクターゼ」が反応し 「ジヒドロテストステロン」という物質が過剰に生成されることによって引き起こされる脱毛症です。
男性の髪の生え際
「ジヒドロテストステロン」は、ヘアサイクルを乱し、頭髪が健康に育つことを阻害する作用があるため、 健康に髪の毛が育つ前に抜け落ち、細い毛や短い毛が増えることで、頭髪全体が薄く見えてしまうことがあります。

また、AGAは遺伝、生活環境などによって発生する為、誰にでも症状が出る可能性があり、 早期に適切な薄毛治療を行わなければ進行してしまうという特徴を持っています。
抜け毛や薄毛に早期に気づき、治療を開始することが早期改善に繋がります。
10代の場合、ストレスなどにより、無意識に髪の毛を抜いてしまう抜毛症や、先天性の脱毛症の可能性があります。
また、親御さんが子供の髪のことを心配して、専門クリニックに相談に訪れる場合も最近では増加傾向です。

女性の場合は原因がさまざま

男性の抜け毛「AGA(男性型脱毛症)」に対し、女性の抜け毛は、「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼びます。
これは、男性と異なる仕組みで発生する症状です。

FAGAは40代以上の女性に多く、何らかの原因によって、ホルモンバランスが乱れ、抜け毛につながる脱毛症です。
具体的には妊娠、更年期、ストレス、生活習慣の乱れなどが原因で、体内の女性ホルモンが減少し、 男性ホルモンの作用が優位になり、抜け毛が発生するといわれています。
40代の女性
その他にも、髪の毛を強く結い続けることによる「牽引性脱毛症」や、 10代・20代の女性に多い過度なダイエットによる栄養不足などによる脱毛症も存在します。

抜け毛の代表的な症状とは

抜け毛と言っても様々な症状があり、代表的なものとして、次のようなものが挙げられます。
  • ・O字脱毛
  • ・M字脱毛
  • ・MO字脱毛
  • ・びまん性脱毛症
O字脱毛・M字脱毛・MO字脱毛
O字脱毛、M字脱毛、MO字脱毛は男性のAGAに多い症状で、びまん性脱毛症は主に女性に多い脱毛症の症状です。

頭頂部を中心に抜け毛が進行していくのが「O字脱毛」、前髪の両端が剃り込んだように抜けていくのが「M字脱毛」、 M字脱毛とO字脱毛が進行した状態が「MO字脱毛」と呼び、これらは男性型脱毛症のAGAの典型的な症状です。

また、「FAGA」や「びまん性脱毛症」は、どこか一部が薄毛になるわけではなく、 全体的に髪が薄くなっていく症状で、全体的にボリュームがなくなったり、髪が細くなるような症状が出ます。

抜け毛・薄毛に効果的な対処法

抜け毛や薄毛を改善する為には生活習慣を改め、適切な頭皮ケアを行った上で、頭髪専門クリニックなどで 治療を受けることが重要ですが、普段の生活から意識することで、より早期に抜け毛を改善することができます。

食事で髪に良い栄養素を摂り入れる

抜け毛や薄毛の改善には、髪に良い栄養素を積極的に摂ることが必要です。

人間の体は様々な栄養素から作られており、髪の毛も例外ではありません。
したがって、髪に良い栄養素をしっかり摂取することで健やかな髪を作り、育てていくことができます。

髪の毛は、ケラチンというたんぱく質からできています。
ケラチンを体内で生成する為には、亜鉛を中心とするミネラル、ビタミンB群などが必須になります。
食事
これらに加えて、生えている髪の毛を適切に支えるために、オクラや山芋などに含まれるコンドロイチンなどの摂取も必要になります。

髪の毛に良いサプリメントの代表格といえば、亜鉛やミネラル。
しかし、どれか一つの成分をたくさん摂取しても意味がありません。
前述したような栄養素を、バランスよく摂取することが重要といえます。

普段の食事から摂取できるものもありますが、サプリメントなども併用しながら十分に栄養素を取り入れることを心がけましょう。

ストレスをためず睡眠時間をたっぷりとる

また、抜け毛を防ぎ、健康な髪を育てる為には、ストレスを溜めないことも重要です。

ストレスが溜まるとホルモンバランスが悪化したり、血流が悪くなることがあります。
ストレスは髪の毛の成長を阻害し、抜け毛の原因になることもありますので、週に一度は 趣味や軽い運動などで汗を流し、友人とおしゃべりを楽しんだりして、ストレスを溜めないようにすることは、 健康な髪を育てるためにも重要です。
時計(睡眠)
また、睡眠をたっぷりとることも抜け毛対策や、育毛対策の為にとても重要になります。

一般的に、夜10時~2時の間に分泌が盛んになると言われている「成長ホルモン」は、肌のトラブル防止や健康的な生活に欠かせないものとされています。 したがって、成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯に就寝できるように心がけ、1日6時間~9時間程度の睡眠を取るようにしましょう。

育毛剤・発毛剤を使用する

前述したように生活習慣を改善し、抜け毛が起きにくい体質を作ったあとは、育毛剤や発毛剤を使用して、 髪の成長を手助けすることが大切です。

具体的には、髪の毛を生やす為の発毛剤と、生えてきた毛を強く育てる育毛剤を併用することで、 抜け毛を防ぐだけではなく、新しい髪を生やしボリュームを取り戻すことができる可能性もあります。

ドラッグストアなどに行くと、育毛効果を謳った育毛剤や育毛シャンプーが売られているのを目にしますが、 これらは医薬部外品であり、病院で処方される育毛剤や発毛剤とは成分が異なります。
育毛剤・発毛剤など
そのため、しっかりと効果を得る為には病院で診察を受け、発毛・育毛効果の高い医薬品を使用することをおすすめします。

ヘアメディカルグループは薄毛治療のための対策を行っています!

10代や20代の比較的若い方は、病院にいくのが恥ずかしかったり、金銭的な問題から受診が遅れ、 気がついた時には抜け毛が進行しているということも珍しくありません。

しかし治療の開始が遅れると、改善するために時間がかかってしまったり、最悪の場合は症状が改善できないということもあるでしょう。 実は抜け毛や薄毛の治療は、年齢が若い方が効果を出しやすい傾向にあるため、 抜け毛や薄毛に気がついた時はできるだけ、早期に診察を受け、治療を開始することが重要です。
カウンセリングの女性
AGA・薄毛治療を行う「ヘアメディカルグループ」では、多くの治療実績を誇る頭皮のプロがいます。
クリニックも目立たない場所に存在しているため、恥ずかしいという気持ちを和らげることができます。

また、一番気になる治療の費用も明朗会計。 予算など細かく相談を伺い、無理のない治療をご提案します。
まずは、無料カウンセリングにお越しいただき、悩みをお聞かせください。 一人ひとりに適切な治療方法をご提案し、お悩みを解消していきましょう。

■無料カウンセリングはコチラ

症状を見極めて正しい改善方法を提案する専門病院

AGA・薄毛治療のみを行う専門的な病院「ヘアメディカルグループ」では、抜け毛や薄毛の原因である 生活習慣や頭皮環境の改善から、医薬品などを使った専門治療まで、抜け毛や薄毛の状況に合わせて提供しています。

最近、ヘアメディカルグループの治療を選んでいる患者様が増えています。(※1) 本人だけではなく、ご家族の方からの相談も近年増加しています。

また、比較的年齢の若い方が気になっている費用面の相談や、プライバシー保護なども適切に行っていますので、 安心して相談していただける専門病院です。

抜け毛や薄毛の症状をしっかり見極めていき、適切な治療を行いお悩みを解消しましょう。
※1 治療件数延べ190万人(1999年~2017年のヘアメディカルグループの延べ患者数)


>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る



若年層の抜け毛の原因

HAIR MEDICAL

【サイト監修について】

当サイト(ヘアメディカル)は、ヘアメディカルグループのクリニック院長の監修のもと運営しています。

監修 >> 

メンズヘルスクリニック東京 院長:小林一広医師。 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長:浜中聡子医師。 
AACクリニック名古屋 院長:平山信夫医師。 脇坂クリニック大阪・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 院長:脇坂長興医師。
城西クリニック福岡 院長:照島雅之医師。

【コンテンツポリシーについて】

ヘアメディカルは、ウェブサイトの運用に際して、コンテンツのポリシーを定めこれに即して提供する情報を作成しています。 >>詳しいコンテンツのポリシーはこちら

より詳しいサイトマップはコチラ