皮膚科での抜け毛治療

ヘアメディカル[発毛治療] > 抜け毛を防ぐ対策 > 皮膚科での抜け毛治療

抜け毛は皮膚科?頭皮のかゆみや薄毛に悩む男女が相談すべき病院とは

抜け毛は皮膚科?頭皮のかゆみや薄毛に悩む男女が相談すべき病院とは

抜け毛や薄毛の兆候は、頭皮環境の状態から見出すことができます。

早い段階から前兆を捉えることができれば、薄毛・抜け毛が悪化する前に進行を防ぎ、薄毛治療をすることが可能となるはずです。

薄毛は早い時期から治療開始するに越したことはありません。
頭皮にかゆみが生じたら、深刻な抜け毛や薄毛に発展する前に、適切な対策をとるようにしましょう。
髪の毛を気にする男性

頭皮にかゆみが生じる原因

頭皮にかゆみが生じる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
原因を知ることで、適切な発毛治療の方法が見えてきます。

頭皮の皮脂量によって湿疹も

頭皮のかゆみは、主に食生活の乱れとストレスから生じます。

日々の忙しさから、油分や脂肪分の多い食事ばかりしていると、頭皮に皮脂が溜まります。
この皮脂は、頭皮の毛穴を塞いで湿疹の原因となり、かゆみに繋がるのです。

皮脂が毛穴を塞いでしまうと、髪の毛の成長サイクルが阻害されます。 正常な髪の毛は、成長期・休止期・退行期というヘアサイクルを経て抜け落ち、生え変わりますが、 皮脂量が多くなると、この健康的な周期が阻害されてしまうのです。
悩んでいる男女
また、ストレスもかゆみの原因となり、髪の毛の発毛と成長を阻害します。

ストレスが溜まることで男性ホルモン・女性ホルモンの適切なホルモンバランスが崩れ、 毛母細胞の働きが鈍くなるために薄毛・抜け毛が進行するのです。

頭皮のかゆみとなってストレスが表れることも多いため、慢性的に頭皮にかゆみがある場合は、 日々の生活でストレスが溜まりすぎていないかどうかを見直す必要があります。
また、ストレスは円形脱毛症やびまん性脱毛症の原因にもなります。
円形脱毛症は自己免疫疾患の場合が多く、単なる薄毛や抜け毛とは一線を画する病気ですので、早期に病院での受診をおすすめします。

今では、円形脱毛症を診察する病院も増えてきておりますので、そういった専門外来に相談することもできます。

頭皮のかゆみは抜け毛につながる?

頭皮のかゆみは、それ自体が抜け毛に繋がることもあります。
頭皮にかゆみを感じた場合は、頭皮環境の良し悪しも含めて日々の生活を改善することが求められます。

かゆみから頭皮をかきむしる

頭皮にかゆみが起こると、頭皮を掻きむしってしまうことがあります。
寝ている間にかきむしっていたりすると、地肌が痛んで頭皮環境を悪化させてしまいます。

また、頭皮に出血が起こり、そこから菌に感染する場合もあります。
頭皮がかゆい場合は、掻きむしらずにかゆみの原因を把握することが先決です。

頭皮環境の悪化

前述した通り、頭皮の皮脂量が増えることで、頭皮の毛穴が塞がれ、頭皮環境は悪くなります。

頭皮環境の悪化は、髪の毛の自然な成長に悪い影響をもたらします。
頭皮のかゆみは頭皮環境の悪化のサインですので、かゆみが出たら適切な対応が必要です。

ヘアケアの方法を誤っている

頭皮のかゆみが起こるのは、ヘアケアの方法を誤っている可能性が高いと考えられます。

自身に合っていないシャンプーや育毛剤を使うことにより、頭皮環境は悪化し、かゆみが発生します。 乾燥肌の人が洗浄力の高いシャンプーを使用すると、必要な皮脂まで落ちてしまい、頭皮環境が悪化します。

また、皮脂量の多い方が、頭皮を過度に保湿するシャンプーを使った場合にも、やはり頭皮環境は悪化します。
髪を気にする女性
ご自身の頭皮に適したヘアケアを行うことは、発毛治療と同様に大切なことなのです。

頭皮のかゆみで抜け毛が増えた場合の対策

頭皮のかゆみに伴って抜け毛が増えてきた場合、医療機関で診療を受けることも大切ですが、自宅でできるケアを行うことも大切です。

乾燥肌の場合は保湿剤を使用してみる

頭皮のかゆみはほとんどの場合、頭皮の乾燥を原因としています。

乾燥肌のタイプは、保湿剤を利用して、頭皮の乾燥を防ぐようにしてください。

ただし、自分に合うものと合わないものがあるため、肌が非常に敏感で、かぶれやすい人は、皮膚科と相談する過程で保湿剤を選ぶ必要があります。
保湿剤

頭皮に合ったシャンプーを使用する

頭皮に合わないシャンプーを使用していると、頭皮環境は悪化する場合もあります。

慢性的に頭皮にかゆみがある場合は、シャンプーを変えてみると改善される可能性があります。 頭皮に刺激の少ないシャンプーは、敏感肌の人にもおすすめです。
シャンプー用品

食生活に気を配る

頭皮のかゆみは食生活の乱れから生じている恐れがあります。

油分と脂質の少ない食事を心掛け、ビタミン類やミネラルをまんべんなく摂取する バランスのとれた食事ができるように意識してください。
また、水分を十分に摂取することも、体を中から潤すことに繋がり、乾燥を防ぐ可能性があります。
さまざまな野菜

紫外線対策をする

夏の強い紫外線は頭皮の乾燥を促し、頭皮環境を悪化する場合もあります。

夏秋は季節の変わり目であり、自然と抜け毛が増える時期でもありますが、 多量の紫外線を浴びることで、抜け毛と薄毛が一気に進行することもあります。

短時間の外出であっても、きちんと帽子をかぶり、紫外線対策を怠らないようにすることで、頭皮のかゆみを防ぐことができるといわれています。
帽子を被る女性

自宅ケアで抜け毛が改善しない場合は?

自宅でできるケアで抜け毛が改善されない場合は、専門の医師の診察を受けることをお勧めします。

基本的には皮膚科を受診する

医療機関へ抜け毛について相談しようと考えた場合は、まずは皮膚科を受診してみてください。

抜け毛は頭皮、つまり頭の皮膚の環境悪化により引き起こされている場合がほとんどです。 そのため、第一に受診するべきは皮膚科となります。

念のため抜け毛の治療が可能かを確認し、事前に予約をしてから足を運ぶようにしましょう。
医師の診察の様子

「乾燥」「菌の繁殖」など原因の違いで治療が異なる

一口に抜け毛といっても、乾燥を原因とするもの、頭皮における菌の繁殖を原因とするもの、 男性型脱毛症やびまん性脱毛症・円形脱毛症など様々なものがあります。

抜け毛を効果的に治療していくためには、原因に合った治療方法をとることが非常に重要です。

皮膚科では、まず頭皮の状態を検査し、患者さんの症状を見極めます。
抜け毛の原因によっては、皮膚科での改善が難しい場合もあります。症状が改善されないのであれば、 髪の専門病院に相談されることをおすすめします。

頭皮のかゆみやフケの治療は保険診療が適用される

頭皮のかゆみやフケの治療には、保険診療が適用される場合があります。

病気と診断されれば経済的な負担も少なくて済みます。詳しくは皮膚科の医師に相談してみましょう。

脱毛が伴う場合は別の病気の可能性もある

単なる抜け毛にとどまらず、脱毛を伴う状態の場合は、別の病気である可能性もあります。 それを見定めるためにも、医療機関で診察を受ける意義は高いといえます。

重大な病気が影響していることも否定できませんから、かゆみや脱毛が止まらない場合には、早期に医療機関へ相談しましょう。

ヘアメディカル関連クリニックは頭皮や抜け毛の症状別に治療を行っています!

ヘアメディカル関連クリニックでは、まずはカウンセリングを行い、治療を行う場合は、 個々の頭皮や抜け毛の症状に合わせて適切な治療を行っています。

育毛剤や治療薬を選ぶ際にも専門的見地からのアドバイスを受けることができるため、 抜け毛・薄毛の対策を効率的に行うことができます。
ご自身に合わない対策を続けることは、頭皮環境を悪化させる可能性が高いだけでなく、 改善が見られなければ経済的にも大きな負担となります。

個人に合った薄毛・抜け毛の対策を行うためには、髪の専門医師に相談することが、結果的に早期解決に繋がるのです。
医師

正しい検査で最適な治療方針を提案する専門病院

抜け毛・薄毛の原因には、様々なものがあり、それによって治療方法も変わってきます。

髪の専門病院ではしっかりとした検査を行い、原因を特定することができます。 これによって、一人ひとりの体質や症状別に最短の薄毛改善が期待できるのです。

抜け毛が増えたとお悩みの方は、詳しい検査が受けられる専門病院に相談してみてください。 薄毛の原因が特定されることで、きっと安心して治療を行うことができるでしょう。


>>>>>> AGAでお悩みの方に治療専門病院 <<<<<<

クリニックを詳しくご紹介します ~お近くのクリニックをお選びください~

  • メンズヘルスクリニック東京
  • ウィメンズヘルスクリニック東京
  • AACクリニック名古屋
  • 脇坂クリニック大阪
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約 発毛治療をお考えの方はこちら
  • 無料カウンセリング 髪の悩みを相談したい方はこちら

このページの先頭へ戻る



皮膚科での抜け毛治療