抜け毛を毛根から解析

抜け毛を毛根から解析

根元が黒い毛と白い塊のついた毛は危険信号?

抜け毛を毛根から解析

抜け毛には、危険度があるのをご存知ですか?放っておくと薄毛が進行する危険性があります。正しい知識をつけ、予防をしていきましょう。
この記事では、発毛治療専門の医師が毛根について解説し、すぐできる4つの抜け毛予防法をお伝えします。

  • ※このサイトは、Dクリニックの院長の監修のもと運営しています。
    Dクリニックは、発毛専門の医療機関で220万人の患者様と向き合ってきた実績があります。
  • ※220万人:1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数

抜け毛を毛根から解析!根元が黒い毛と白い塊のついた毛は危険信号?

毛根の状態

抜け毛は誰にでも発生する自然現象の一つですが、良い抜け毛と悪い抜け毛があることをご存知でしょうか。

人間の頭皮には、髪の毛が平均10万本生えているとされ、毎日100本程度の抜け毛が自然に発生しているといわれています。

抜け毛の良し悪しは、毛根から見分けることが可能だといわれています。
自身の毛根状態をチェックし、悪い抜け毛の場合、適切な対策を行うことが重要です。

あなたの髪の悩みはどれ?

「おでこの広がりはAGA?」
「市販の育毛剤、発毛剤は効くの?」
Dクリニックの、
専門の医師が髪の悩みに対し、
正しい知識をお伝えします。

抜け毛にも種類がある?

抜け毛にはいくつかの種類があり、その原因によっては放置して問題ないものと、そうでないものがあります。

「自然脱毛」と「異常脱毛」

髪の成長から退行まで

抜け毛の種類は大きく分けると、「自然脱毛」と「異常脱毛」の2種類があります。

まず、髪の毛が成長し自然に抜け落ちていくことを、「ヘアサイクル」と呼びます。
ヘアサイクルでは、新しく生えてきた髪の毛は、平均4年~6年の期間をかけて長く太く成長していきます。

この期間は、髪の毛の根元にある毛母細胞が分裂を繰り返し、どんどん髪の毛を作る期間です。
通常であれば、頭皮にある髪の毛の90%は成長期にあたります。

そして、成長期を終えた髪の毛は退行期に入ります。
退行期では、髪の毛の成長が徐々に衰えていき成長が鈍化していきます。
退行期は成長期と比較すると短く、2週間程度です。
ちなみに、頭皮全体の5%程度が退行期の髪の毛です。

さらに完全に成長が止まってしまった髪の毛は、休止期に入ります。
休止期は3ヶ月ほどの期間があり、新しい髪の毛が生える為の準備期間です。
この期間に新しく生えてくる髪の毛が古い髪の毛を徐々に押し上げていく為、古い髪の毛が抜け落ちます。

そして、新しい髪の毛がまた成長期に入りサイクルを繰り返していきます。

このヘアサイクルに準じて抜け落ちていく毛は、自然脱毛と呼ばれ、1日100本程度は抜けていきます。
自然脱毛は誰でも必ず発生するものですので、特に気にかける必要はありません。

反対に異常脱毛というのは、ヘアサイクルの流れが何らかの理由によって阻害され、 成長期の期間が短くなって発生する抜け毛や、本来髪の毛が抜けるタイミングである 休止期以外で発生する抜け毛のことを指します。

異常脱毛の症状としては、男性に多いAGA、女性に多いびまん性脱毛症、ストレスや 栄養の偏りなどでおきる脱毛症などがあります。

自然脱毛か異常脱毛かは、毛根をみればある程度判断することができます。

こちらの記事をご覧の方へ

ヘアメディカルは悩みに応じて様々なコンテンツを掲載しています。

髪の毛の「毛根」の役割とは

毛根とは、髪の根元にある膨らみのことです。

毛根は正確には「毛根鞘(もうこんしょう)」と呼ばれ、

  • 髪の毛と下部組織を繋ぎ止める役割
  • 髪の毛が抜け落ちないように頭皮とつなぎ止める役割

があります。

髪の毛を作るのは毛根ではなく、毛根部にある毛母細胞や、毛乳頭などの組織ですので 毛根が抜けたからといって髪の毛が生えなくなるわけではありません。

毛根を見れば抜け毛原因が特定できる?

毛根は、前述で解説したヘアサイクルの過程において変化していく為、抜け毛の毛根部分を見れば 自然脱毛か異常脱毛か、また、抜け毛の原因をある程度判断することが可能です。

毛根がまるく膨らんでいる

マッチ棒状の毛根

毛根が、マッチ棒の先端のようにまるく膨らんでいる抜け毛は、通常のヘアサイクルによって抜け落ちた自然脱毛である場合が多いです。

毛根は、栄養がしっかり行き渡ると丸く太く成長していきます。
丸く太く成長した毛根は、栄養を吸収し、しっかりと成長した毛根である為、役割を終えた自然脱毛と判断できます。

ちなみにマッチ棒のような形状になっていても、形が整っていなかったり、膨らみが小さいケースは、 栄養不足なども考えられ異常脱毛の可能性もありますので、形と膨らみの大きさに注目して観察しましょう。

毛根が黒いケース

毛根が黒い

自然脱毛で抜けた髪の毛の毛根は、先端が白っぽくなっていますが、毛根全体が黒くなっている場合は、異常脱毛の可能性が高いです。

毛根は健康な状態では血流がよく、円滑に栄養を吸収できていますので、黒ずむことがありません。
しかし、ストレスや冷えなどによって、血行が悪くなるとスムーズに栄養を供給することができず、徐々に黒ずんでいきます。

黒ずんでいる毛根が全て異常脱毛というわけではありませんが、他の抜け毛もよく観察し、黒ずんだ抜け毛が多くないか確認しましょう。

毛根に白い塊がついているケース

白い塊がついた毛根

毛根に白い塊のようなものがついている場合、2つのパターンが考えられます。

まず、毛根についている白い塊が薄い膜のような半透明な物質で、毛根の周辺についていた場合は、 外根鞘(もうこんしょう)と呼ばれる物質である可能性が高いです。
これは、自然脱毛の場合でも付着していることがあるので、特に心配する必要がありません。

しかし、毛根の上部から髪の毛の根元付近にべっとりとついている場合、注意が必要です。
これは、頭皮から分泌された皮脂の可能性があります。

皮脂は誰でも分泌されている物質ではありますが、抜け落ちた髪の毛にまで付着している場合、 皮脂の過剰分泌や頭皮のケア不足が考えられ、異常脱毛の可能性があります。
皮脂が過剰に分泌されたり、シャンプーなどの頭皮ケアがおろそかになると、 皮脂が毛穴を塞いでしまい抜け毛の原因となります。

また、皮脂が溜まり酸化してくると、嫌な匂いを発生することがあります。
したがって、毛根に白いものが付着していた場合は、皮脂の可能性を考え注意しましょう。

毛根がない

毛根がない毛根

抜け毛に毛根がないという場合もあります。
これも、2つのパターンが考えられます。

一つは抜け毛ではなく切れ毛のパターン、もう一つは毛根が小さすぎて毛根がないように見えるパターンです。

切れ毛の場合、髪のダメージがひどくなったり、タオルなどで強くこすりすぎてしまうことによって断毛してしまった可能性があります。
このような場合、髪の毛の先端はギザギザした断面になっており、よく観察すると分かります。

毛根が小さすぎる場合は、異常脱毛の可能性が高く、抜け毛が進行している可能性があるので注意が必要です。

毛根は、栄養がしっかり行き渡っていなかったり、頭皮環境が悪化してくると正常に育たなくなり小さくなっていきます。
毛根が小すぎる場合は、切れ毛のように、ギザギザとした断面にはなっておらず、毛先のように先細りになっていたり、 先端にヒゲのようなものがついていることがあります。

このような場合、ヘアサイクルの途中で抜け落ちてしまったり、毛根が小さいため、頭皮にしっかり定着することができず抜け落ちてしまうのです。

したがって、毛根が小さかったり、先細りになっているような場合は、一度、専門の医師の診断を受けると良いでしょう。

診察している写真

あなたの生えるが見つかる。220万人の患者と向き合ってきた発毛治療専門の医療機関。

※治療件数延べ220万人(1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数)

年代別:薄毛治療 改善例を見る

  • 女性の症例を見る
  • 男性20代
  • 男性30代
  • 男性40代
  • 男性50代

こちらの記事をご覧の方へ

ヘアメディカルは悩みに応じて様々なコンテンツを掲載しています。

薄毛危険度が高い抜け毛があったら?

いくつかの抜け毛をセルフチェックした結果、異常脱毛があった、または、小さく細い短小毛の抜け毛がいくつか見られたなど、 異常脱毛の兆候が見られた場合の対策を解説します。

生活習慣を改善する

背筋を伸ばしている女性の写真

髪を健康な状態に戻すためには、生活習慣の改善が欠かせません

具体的には、髪の毛が育つのに必要な栄養素としっかり摂取し、睡眠を十分に取るなど規則正しい生活を心がけること。

髪の毛は体の一部ですので、食事などで摂取した栄養素を使用して育ちます。
健やかな髪の毛を育てるためには、たんぱく質、亜鉛や鉄などのミネラル、ビタミンB、ビタミンCなどが必要です。
また、頭皮環境を整えるために、脂質を摂りすぎないように注意しましょう。

この栄養素を豊富に含む、バランスの良い食事を心がけ、髪の毛に必要な栄養素を十分に摂取して、少しずつ改善していきましょう。

また、髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンをしっかり分泌させるために、睡眠も大切です。成長ホルモンの分泌がもっとも活性化するのが、夜10時から夜中2時の間といわれています。 睡眠時間も、6時間以上取るようにして、しっかり体調を整えるよう意識しましょう。

ストレスを発散する

カラオケでストレス発散する男性

ストレスも抜け毛にはよくないといわれています。
ストレスが溜まってくると、血流が悪くなり髪の毛に栄養が行き渡らなくなったり、ホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性があります。

ストレスは抜け毛の原因としても比較的多く、普段からストレスを溜めない生活を心がけましょう。

頭皮に優しいシャンプーを使用する

シャンプーの写真

生活環境やストレスを溜めない生活と同じくらい、重要なものにシャンプーがあります。

実は一部で売られている安価なシャンプーは、頭皮環境や抜け毛によくない成分が配合されていることがあります。

これらのシャンプーは使用感を重視し、泡立ちや香りを優先した結果、様々な化学薬品が添加されています。

このようなことから、シャンプーはできるだけ天然成分を使用し、肌に優しいものを選ぶことが重要となります。

抜け毛に悩む方におすすめのシャンプーは「アミノ酸系シャンプー」といわれています。
アミノ酸系シャンプーは、髪の毛や頭皮の材料でもある アミノ酸を配合しており、低刺激で頭皮に優しいシャンプーです。抜け毛を抑えたり、頭皮の環境を整えるために、シャンプーの成分をしっかり確認して、抜け毛を予防していきましょう。

育毛剤を使用する

様々な頭皮の医薬品の写真

体内、頭皮の環境を整えたあとは、健康に髪を育てるために、育毛剤を使用することも効果的です。

育毛剤とは、頭皮の環境を整えたり、血行を良くすることで抜け毛を減らす効果のある薬品のことです。
育毛剤には、病院などで処方されている医薬品、ドラッグストアや通販などで手に入る医薬部外品など 様々なものがありますが、処方箋医薬品の方が有効成分の量が多かったり、市販薬では使えない有効成分が 含まれているため、より効果の高い育毛、発毛を期待できます。

育毛剤を検討する際は、病院での診断を受け、専門の医師と相談して決めるのが良いでしょう。

Dクリニックは抜け毛のタイプに合わせた治療を行っています!

自身で抜け毛の原因は毛根から判断することもできますが、セルフチェックではなかなか正しい判断は厳しいでしょう。

AGA・薄毛治療のみを行う専門的な病院「Dクリニック」では、 抜け毛の原因を正確に診断し、一人ひとりの抜け毛タイプや薄毛進行レベルに合わせた治療方法を提案しています。

無料カウンセリングを行っていますので、毛根に少しでも不安がある方はお気軽にご相談ください。
待合室も男性・女性用と分けておりますので、恥ずかしいという方も安心して診察にお越しいただけます。

■無料カウンセリングはコチラ

症状別に抜け毛治療ができる専門の病院

抜け毛の原因を毛根から判断する方法について、詳しく解説しました。

抜け毛は大きく分けて自然脱毛と、異常脱毛の2種類があります。
異常脱毛の場合は、抜け毛が進行する可能性が高いため、早期に気づき、治療を開始して行くことが重要となります。

Dクリニックでは、抜け毛の原因究明、正しい治療方法の提案だけではなく、生活習慣の改善や、 頭皮タイプに合わせたシャンプーの提案など、総合的に抜け毛治療をサポートしています。

抜け毛、薄毛が気になる方は、お気軽に相談ください。

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

「無料カウンセリング」と「来院予約」との違いとは?

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

220万人以上の治療実績(※)を持つ専門の医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年~2019年6月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません

まとめ

抜け毛の「毛根」の役割に着目して黒いケースや白いケース等、抜け毛の種類による危険性をお伝えしました。

危険度の高い抜け毛があったら、育毛剤を使用するだけでなく、生活習慣まで含めて見直しましょう。

なお、このサイトでは様々なお悩みに合わせてコンテンツをご用意しています。下記を参考に、症状の悪化を予防しましょう。

WEBサイト 関連ページ

プロフィール

まずは自分の状態を知りたい方

1問でも当てはまると危険かも?まずは自己診断しましょう。

錠剤

薄毛・AGAにお悩みで治療検討中の方

発毛専門の医療機関「Dクリニック」で、
医師と一緒に、薄毛の改善を目指しましょう。

疑問を持つ男性

治療はまだ早い…でも薄毛が気になってきた方

薄毛においては、同じ悩みや疑問を持つ方も多いので、まずは参考にご覧ください。

虫眼鏡

もっと抜け毛について
詳しく知りたい方

抜け毛が気になる方に、よく読まれる記事はこちらです。ただしい知識を身につけ予防しましょう。

  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. 抜け毛を防ぐ対策
  3. 抜け毛を毛根から解析