抜け毛とシャンプーの関係

抜け毛とシャンプーの関係

抜け毛予防のためのシャンプーの選び方について

シャンプーをする男性のイラスト

日常で可能な薄毛対策

鏡を見ながら髪を気にしている男性

日常でも可能な薄毛対策として、生活改善があげられます。 栄養バランスのとれた食事やストレスをできるだけためない生活、適度な運動、タバコや酒を今より少し控える、しっかりと睡眠をとるなどの生活習慣の正常化です。

頭髪は体の一部ですから、毎日の正しい生活が薄毛対策に繋がります。また、育毛は「髪の成長」と「薄毛対策」を同時に行いながら、地道に髪を育てる方法です。どんな薄毛対策や育毛法にしても、すぐに髪が増えるというものではありません。

育毛効果を焦らず、あきらめず、気負わず根気よく続けていきましょう。

薄毛対策はシャンプーから

シャンプーをしている男性

髪の成長には、頭皮を健康に保つことが大切です。シャンプーは「髪を洗う」ためのものと思われがちですが、本当に重要なのは、「頭皮」を洗うということです。

頭皮に皮脂や汗、ほこりなどが付着することで頭皮が荒れてしまい、薄毛の原因になる場合もあります。 シャンプーは、刺激の強いものは避けて自分の頭皮に合った地肌にやさしいタイプを選ぶように心掛けてください。薄毛が気になる方は、頭皮の汚れをしっかり取り除き、頭皮環境の改善をしてあげましょう。

頭皮に優しいおすすめシャンプーは?

シャンプーの写真

具体的に頭皮に優しいシャンプーとはどんなものがあるのでしょうか。

昨今、注目されている代表的なものでは、アミノ酸系シャンプーがあげられます。洗浄成分であるアミノ酸系界面活性剤は、髪へのダメージが少なく、地肌に優しいことで知られています。

毛髪は、18種類のアミノ酸から構成されたタンパク質で形成されているため、馴染みやすいという特徴があります。

また、人間の肌と同じ弱酸性で、余分な皮脂を落とすことが無いと言われています。
過剰な皮脂や汚れだけを落としてくれる洗浄機能があるため、頭皮トラブルを避けるためにおすすめです。

頭皮にダメージを与える成分は?

シャンプー中に髪の毛を気にしている男性の写真

成分解析から、髪や頭皮を傷つけやすいシャンプーを見てみましょう。
まず、洗浄力の強いものとして、高級アルコール系界面活性剤があります。市販されているシャンプーの多くに表記されている「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」などの配合成分は、代表的なものといえます。

洗浄力が非常に高いため、髪を洗った感じが強く、値段も比較的低価格なため人気のシャンプーだといえます。

ただし、洗浄力が高すぎるということは、頭皮に必要な皮脂までも落としてしまうということです。頭皮は皮脂を補おうと過剰分泌をはじめ、それをさらにシャンプーで落とす…という悪循環となり、地肌を傷つけることになってしまうのです。

シリコンシャンプーの多くは、洗浄力が高く、髪に艶を与えますが、洗い過ぎには注意した方が良いといえます。

頭皮トラブルは、フケやかゆみだけでなく、薄毛にも繋がりやすい問題です。オーガニック成分が配合されているものを選んだり、洗浄力の強すぎるシャンプーの使用を避けるだけでも、頭皮環境は改善の方向に進むと考えられます。

また、ほとんどのシャンプーには合成、または天然成分の防腐剤が入っていますが、どちらも一長一短です。防腐剤の成分を神経質に確認する必要性は、それほどないといえます。

頭皮の環境を整えるシャンプーのご紹介

抜け毛を防ぐために大切なことは、頭皮の環境を整えることです。 皮脂量の多い肌や乾燥肌など、自分にあった正しいシャンプーを選ぶ必要があります。発毛の土台である、健康的な頭皮環境づくりからはじめましょう。

育毛ヘアケアシャンプー スカルプD

スカルプDは、発毛治療専門病院「Dクリニック」の患者様のために開発されたシャンプーです。髪の基礎となる頭皮環境に合ったケアで、頭皮や毛穴の汚れを落とし、育毛成分が発毛環境を整えます。

Dクリニックでは、ご希望の方には脂性肌や乾燥肌など、頭皮特性に合わせたシャンプー等もご案内しています。

私たちの体が、毎日のケアやトレーニングで健康になっていくように、頭皮や頭髪も継続的なケアが大切です。じっくりと時間をかけて、健やかな頭皮環境をつくっていきましょう。

自分に合ったシャンプーを選ぶ

様々な種類のシャンプーの写真

何よりも重要なのが、自分に合ったシャンプーを使用することです。毎日のケアですから、違和感のあるものは頭皮を傷つけてしまう可能性が高くなります。有効成分を確認し、自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

市販されているものでも、アミノ酸系洗浄成分や石鹸系、高級アルコール系、育毛効果のある有効成分が入ったものなど様々なシャンプーの種類があります。
実際に使ってみて、どれが自分に合っているか試してみてください。

薄毛対策にはシャンプーの仕方が重要

シャンプーを使用している多くの人は、髪の汚れを落とすことに意識を置いているため、「頭皮」の汚れを落とすことに意識を置いていないのが難点です。

髪は皮膚の一部が変化したものだと言われています。
まずは、正しいシャンプー方法で薄毛対策を行ってみてはいかがでしょう。

シャンプーは頭皮を洗うもの

頭皮を意識したシャンプーを行うにあたって何が必要なのでしょうか。
まず簡単にできるケアとして、浴室に入る前にブラッシングをすることがあげられます。ブラッシングには、シャンプーの泡立ちを良くして、頭皮や髪の毛の汚れを落としやすくする効果があります。
特に髪の長い方には、ブラッシングが有効ですから、実践してみてください。

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方ステップ1

指を広げてシャワーでタプタプすすぎ、指の腹(指紋の渦の中心部から第一関節まで)で頭皮の汚れや髪についたほこりを落とします。

正しいシャンプーの仕方ステップ2

シャンプー剤は手のひらに1?2回ほどプッシュして出し、両手に軽く広げ、後頭部から側頭部で泡立てます。

正しいシャンプーの仕方ステップ3

親指を除いた4本の指の腹を頭皮に当て、(1)?(6)の順に髪と頭皮全体を泡立てます。

正しいシャンプーの仕方ステップ4

親指は添える程度で、指が軽く頭皮に触れるように、下から上へ洗い上げる意識で指の腹で洗います。絶対に爪を立てて洗わないように気をつけましょう。

正しいシャンプーの仕方ステップ5

一度シャワーですすぎ、もう一度STEP3?4と同じように髪と頭皮にシャンプーを広げます。この時、シャンプーの量は1回目の半分程度で十分です。

正しいシャンプーの仕方ステップ6

指の腹で直接頭皮を触れ、頭皮にしっかりお湯が届いて洗浄成分が頭皮に残らないように手のひらにお湯をためるようにしてタプタプとすすぎます。

  • 正しいシャンプーの仕方ステップ1

    指を広げてシャワーでタプタプすすぎ、指の腹(指紋の渦の中心部から第一関節まで)で頭皮の汚れや髪についたほこりを落とします。

  • 正しいシャンプーの仕方ステップ2

    シャンプー剤は手のひらに1?2回ほどプッシュして出し、両手に軽く広げ、後頭部から側頭部で泡立てます。

  • 正しいシャンプーの仕方ステップ3

    親指を除いた4本の指の腹を頭皮に当て、(1)?(6)の順に髪と頭皮全体を泡立てます。

  • 正しいシャンプーの仕方ステップ4

    親指は添える程度で、指が軽く頭皮に触れるように、下から上へ洗い上げる意識で指の腹で洗います。絶対に爪を立てて洗わないように気をつけましょう。

  • 正しいシャンプーの仕方ステップ5

    一度シャワーですすぎ、もう一度STEP3?4と同じように髪と頭皮にシャンプーを広げます。この時、シャンプーの量は1回目の半分程度で十分です。

  • 正しいシャンプーの仕方ステップ6

    指の腹で直接頭皮を触れ、頭皮にしっかりお湯が届いて洗浄成分が頭皮に残らないように手のひらにお湯をためるようにしてタプタプとすすぎます。

シャンプーの頻度はどれくらい?

髪に気を使っている方ほど、毎日シャワーを浴びてシャンプーは欠かさないという割合が多いのではないでしょうか? 人によっては1日2回髪を洗うという方もいらっしゃいます。

確かに頭皮を清潔に保つことは良いことですが、その頻度はどれくらいが適切なのでしょうか。

毎日のシャンプーは薄毛の原因になる可能性も

複数のシャンプーの写真

髪や頭皮の汚れ、皮脂が毛穴をつまらせるという理由から、1日に何度もシャンプーを行う方が多いですが、逆に頭髪にダメージを与えている可能性が高いといえます。

頭皮が元の状態に戻るまで、24時間ほどかかるといわれていますから、これを繰り返すことで肌は乾燥し、フケやかゆみの原因をつくってしまうのです。

お湯は意外に洗浄力があり、汗を掻いて頭皮がベタつく時でも、ぬるま湯のシャワーで洗い流せば頭皮を清潔に保つことができます。

シャンプーのし過ぎが薄毛となる理由

シャンプーのし過ぎは、薄毛の原因になると考えられます。その具体的な理由を見ていきましょう。

頭皮の潤いが失われる

シャンプーのし過ぎは、健康な頭皮を守ってくれる皮脂まで洗い流してしまう場合があります。
必要な皮脂を失うと、頭皮に潤いがなくなり、乾燥して角質細胞が剥がれてしまうのです。このことで、フケやかゆみ、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

殺菌作用も低下してしまいますから、細菌や紫外線からの免疫力がなくなり、抜け毛や薄毛の原因にも繋がりやすくなります。

皮脂量が増えて毛穴をつまらせる

シャンプーのし過ぎは、頭皮を保護するために必要な皮脂までも洗い落としてしまうため、その反動で、むしろ皮脂量を多く分泌してしまうようです。

洗い落として分泌し、再び洗い落とし…を繰り返すと、頭皮のベタつく環境となり、悪循環になると考えられます。結果として、毛穴が詰まり、新しい髪の毛も生えづらくなることから、薄毛の原因の一つとなりえます。

Dクリニックは頭皮状態を適切に診断します

診察をおこなうドクターの写真

体型や体質にも個性があるように、頭髪や頭皮も一人ひとり個性があります。
頭皮がベタつきやすい、乾燥しやすい、毛量が多い、少ない、真っすぐな毛質、パーマがかった毛質など、細かくあげればきりがありません。

ヘアメディカルが紹介する薄毛治療専門病院「Dクリニック」では、頭皮状態を詳しく検査してから治療に臨むことができます。
薄毛の原因を的確に把握し、正しい治療をすることで、AGA改善を目指します。

無料カウンセリングも行っていますから、早い段階でのご相談をおすすめします。

薄毛の根本的な治療なら専門病院がベスト

真剣に髪をチェックしている男性の写真

今や日本の成人男性の3人に1人が、髪の悩みを抱えている時代です(※1)。薄毛で悩んでいる人口は、男性のみならず、女性も年々増加傾向にあります。もはや薄毛は、少数の悩みではなくなりつつあるということです。

自宅で可能な生活改善やシャンプー、育毛剤などの頭皮ケアを実践することは、髪だけでなく体にも良い影響があると言われています。生活習慣の乱れを直し、薄毛についての正しい知識を持つことは、さらなる脱毛を防ぐ手立てとして有効と考えられます。

しかし、すでに薄毛が進行している方は、個人的な改善は難しいかもしれません。真剣に発毛を望んでいるのであれば、髪の専門病院に相談することをおすすめします。

AGAでお悩みの方に 発毛治療専門病院のご紹介

Dクリニックでは「皮膚科・形成外科」を中心とした各分野の専門医がチームとして取り組むことで、発毛治療のための技術を提供し治療を行います。

髪のことで悩み始めたら、まずは髪の専門病院に相談しましょう。

WEBサイト 関連ページ

Dクリニックは、
全国に6院ある発毛治療専門の医療機関です。

ご予約はこちらから

治療の内容、費用
など知りたい
自分にあった治療
を提案してほしい

無料カウンセリングとは?

まずは専門スタッフが費用や治療の効果などについて、詳しくご説明いたします。

無料約1時間

安心して治療に進むためのカウンセリング。
勧誘などは一切ありません。

STEP01

スタッフの
カウンセリング
治療の内容、注意事項についてご説明

STEP02

費用のご説明
治療にかかる費用について概要をご説明

STEP03

そのまま初診
を受けることも可能です
※クリニックによってはその日に診察できない場合がございます。

来院予約とは?

233万人以上の治療実績(※)を持つ専門クリニックの医師あなたに合った治療を行います。

有料約2時間

薄毛の原因をしっかり検査。
あなたの症状に合った治療をご提案します。
●「スタッフのカウンセリング」と「費用のご説明」も同時に行います。

STEP01

医師の診察
頭髪・頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察

STEP02

頭部の撮影
発毛効果を多角的に判断し、経過を見るため撮影

STEP03

血液検査
薬の投与が問題ないかを判断するため、身体検査を実施
  • ●医師の診察を希望の方は、来院予約をお選びください。
  • ※1999年7月~2019年12月のDクリニックの延べ患者数
  • ※ご予約時の住所記入はございません
  1. ヘアメディカル[発毛治療]
  2. 女性の薄毛治療
  3. 抜け毛とシャンプーの関係